About
  • About
  • Category

Minecraft

MinecraftのメイドMOD(littleMaidMob)をLANワールド(マルチ)で動かす方法の紹介

maidonmulti

littleMaidMobをマルチプレイで遊ぶ方法

2013/06/15

MinecraftのMOD「littleMaidMob」、いわゆるメイドさんMODは基本的にマルチ(SMP)には対応していません、
一応、サーバー上に導入はすることはできますが、一部のモードが動きません(アーチャーなど)。
しかし、実はLANワールド上ではシングルプレイと変わらない挙動で動かすことができます。

ですが、基本的にLANワールドはローカルネットワーク内でしか遊べません。
そこで今回は、LANワールドを普通のサーバーを同じように公開できる方法を紹介しつつ、
実質的にマルチプレイでメイドさんMODを使用する方法を紹介します。

この方法でのマルチプレイはデメリットもありますので、注意してください。
Minecraft内にある機能の「LANに公開」の機能を使用します、これは自分がMinecraftを起動している間しか使えません。
なので、長時間サーバーを立ち上げておくタイプと同様な運用するのは難しいと思いますので、
身内で遊べればいい人向けかもしれません。

必要なもの

  • Minecraft バージョン1.4.7(1.5.2でも可能)
  • Minecraft Forge (6.6.0.497で動作確認)/MODLoader
  • Custom LAN Port Mod(Forge Versions/ModLoader Version)
  • littleMaidMob,MMMLib
  • MODを自力で導入できる知識
  • 自力でサーバーを立てられる知識
  • Custom LAN Port Modの導入と設定

    このMODは通常のLANサーバー上では設定できない、Port、ローカルIPアドレスなどを設定できるようにするMODです。
    Custom LAN Port ModのForge版(ModLoader版)をダウンロードして、jarをそのまま.minecraft内にある、coremodに入れます。(ModLoaderはわかりません)

    maidonmulti1
    Minecraftを起動してゲームメニューから、LANに公開を押します。
    maidonmulti2
    開放するPortやローカルIPアドレスを設定します。
    設定を終えたらLANワールドの開始を押してLANサーバーを起動します。

    サーバーの確認

    この時点で友達に入ってもらうなどして、サーバーが起動できているかを確認してください。

    入る側は、通常通りマルチプレイからサーバーを追加して、接続してください。
    注意:入る側がサーバーを検索し終えてから、すぐに入ると「接続が維持できません」などのエラーで入れない場合があります、
    その場合は、サーバーを見つけた後に5秒ほど待ってから入ってください(仕様なのかは不明)

    その他の設定は、ゲームメニュー→設定→マルチプレイ設定→Custom LAN Optionから設定できます。

    littleMaidMobの設定

    基本的には、modsフォルダに入れるだけです、適宜導入してください。
    導入後、Minecraftを起動して正常にlittleMaidMobが導入できているか確認します。
    正常に導入できていれば、一度Minecraftを終了します。
    configフォルダにあるmod_LMM_littleMaidMob.cfgをメモ帳などのエディタで開いてください。
    開いたら、
    checkOwnerName=false

    checkOwnerName=true
    へ書き換えて保存します。

    LANワールドが公開できない、入れない場合

    サーバーを公開する側

    ポート開放の確認、セキュリティソフトの設定の確認。公式のバニラサーバーでお互いに入れるかの確認。

    サーバーへ入れない側

    入れない側も同様にセキュリティの設定の確認をし、サーバーを発見した後、5秒ほど待ってからワールドに入ってください。

    ちなみに、LANワールドを公開できるようになれば、通常ではSMPに対応していないMODなども動く場合があります(UgoCraftなど)