About
  • About
  • Category

Titanfall レビュー

2014年3月13日発売のゲームTitanfallを今更レビュー

Titanfall

Release 2014.3,13(日本語版)
Platform PC/Xbox One/Xbox 360
Developer Respawn Entertainment
Publisher Electronic Arts
Language 英語/日本語(字幕・吹き替え)

この記事はライトゲーマーのPC版Titanfallのレビューです。かなり適当なので参考になりません。

Titanfall

titanfall-gameTitanfallは2段ジャンプや壁走りなどのアクロバティックな動きができる”パイロット”、大型の二足歩行ロボットのような”タイタン”を操作し戦うマルチプレイ専用FPSです。
- 二段ジャンプや壁走りなどの爽快で立体的な動きはキャンパーを助長させません
- パイロットの力を凌駕するタイタンはマップ上に存在する”ミニオン”というBOTを倒すことで誰でも呼び出すことができます

その他に、プレイヤーの能力を一時的に強化するバーンカードや透明化や移動速度が上がる特殊能力などを使用できる戦闘アビリティなどがある。

パイロット

パイロットはプレイヤー自身が操作するキャラクターで、通常のFPSなどと違い二段ジャンプや壁走りなどによりアクロバティックな動きが可能。

titanfall-pilotFPSといったらCODくらいしかプレイしたことがない筆者ですが、やっぱり最初はどうしても地面を走りがちで、建物の上から狙撃されたり
ジャンプなどで複雑に動く相手に弾を当てられずに蹂躙されたりしましたが、慣れると爽快で楽しい。
ひたすらに地面を歩いているプレイヤーはカモになりかねないので、とにかく先ずは立体的な動きに慣れよう。
操作性もよく、慣れるまでそう時間もかからないと思います。
ちなみに筆者は壁走りに関してはWarframeという忍者?ゲーを直前にやっていたおかげか割とすぐに慣れましたw

戦闘アビリティ

パイロットは透明化、移動速度&体力増加、透視などの特殊能力が使用できる。使用にはディレイが発生し、より戦術的に使用することが求められる。

タイタン

titanfall-pilot2ゲームのタイトルにもあるタイタン、これはプレイヤーが操作できる大型のロボットのようなもので、このゲームのメイン要素。
タイタンは頑丈で火力が高いのでタイタンでないと撃破は難しい。戦況に大きく影響する存在。

タイタンは機動型、重甲型、バランス型の3種類あり。初期状態ではバランス型のタイタンしか使用することが出来ず、他の二機を使用するにはキャンペーンモードのクリアが必要。

タイタンはワンサイドゲームを加速させる要因にも…?

タイタンは勝敗の上で非常に重要な要素で、操作していて楽しいのだけれど、実際にプレイしていると正直「タイタン要るか…?」と思う時もある。
それはタイタンが戦況に影響しすぎて、パーティーを組んでいるチームなどが複数のタイタンでプレイヤーを一方的に蹂躙することがあるということ、
こうなると負けているチームはひたすらにミニオンを狩るかハイリスクで相手タイタンを撃破するしかやることがなくなる、
圧倒的スコア差が開いた上、やっとのことタイタンを呼び出したところで四方八方を敵のタイタンに囲まれ、数秒で撃沈ということもあるので
一度そういう状況になると戦況を覆すのが非常に難しくなるし、このゲームの”爽快感”というものが一気になくなる気がする。
結局のところパーティープレイやワンサイドゲームを助長させる要因にもなってしまっている部分もある。
ただ、逆にタイタンどうしでの戦闘は初心者と上級者の力量差の関係があまりなくなるので
万人がタイタンを使った時の楽しさを考えた場合のバランス調整は今がベストなのかもしれないけど…

ミニオン

このゲームにはフィールド上に”ミニオン”というNPCが存在し、プレイヤーがこのミニオンを倒すとタイタンを呼び出せる時間が短縮されたりスコアに加点されるので、プレイヤーに倒されるという重要な役割をもっている。
ミニオンも攻撃などの行動をし、サーバー上で処理を管理されているらしく、制作側はBOTではなくAIと呼んでほしいらしいが
積極的に戦闘に介入してくるわけでもなく、戦力としては期待できない。たまにミニオン同士で戦ってたりする。

意外と馴染んでる

Titanfallを購入する前情報でBOTが存在すると聞いて、プレイヤー同士の純粋な対戦を阻害してしまうのではと懸念していたが、想像よりも存在を意識することなく、うまくゲームに溶け込んでいるとは思う。

マップ

titanfall-map2Titanfallのマップは初期で15種類あり、DLCなどで増える予定です。

個性は少ないけど良マップ多し

ゲームの性質上どうしても開けた場所が必要で、マップの構成上で個性が少なくなってしまう印象。
ただルールやマップにもよるがほとんど室内戦が無いので、キャンプなどメリットがほぼ無く、純粋な打ち合いが楽しめる。

バーンカード

titanfall-burncard2バーンカードとは、一時的にプレイヤーに特殊な能力(移動速度UPなど)を付与できる機能を持ったもので、
プレイヤーは26枚までカードをスタックできるデッキを持っていて、事前に一試合に3枚まで使用するカードを選べる。
カードはチャレンジのクリアなどで手に入る。

レアカードをコレクションしよう

正直蛇足感の否めないシステム。
開幕に使った後の試合中は「早くリスポーンさせろ」とばかりにスペースキーを連打しているので使うのを忘れる。
今ではレアカード以外は基本的に捨てて、デッキを全てタイタンカードで埋めるのが目標。

System

キャンペーンモード(ストーリーモード)

Titanfallのキャンペーンモードはマルチプレイで行う。通常の対戦モードと同様にチームに分かれて対戦することになる。
・勝敗に関係なくストーリーは進行
・2つの勢力に分かれていて、それぞれのキャンペーンクリアごとに使用できるタイタン解除

対戦中にごちゃちゃ言われても…

実際にプレイしていると、対戦中に小窓でNPCが勝手喋ってにストーリーを進めるので、全くストーリーが頭に入ってこない。
こんなもの作るならシングル用もしくは完全に撤廃してマルチプレイの開発に注力してくれたほうが良かったかなという感じ。

クラシックモード(マルチプレイモード)

現在、消耗戦・拠点戦などの主要モードの他に数種類ルールが存在し、今後のアップデートで個人戦などのルールも追加予定。

最近のアップデートでプライベートマッチが実装、しかし最低二人いないと遊べない仕様
なので一人でマップ散策なども出来ず、現状シングルプレイが可能なのはトレーニングモードのみということになる。

マッチング

正直クソと言わざるをえない。チームバランスを考えろよと…
高レベル軍団vs低レベル軍団なんてしょちゅうだし、3人vs6人で始めることも。
チームシャッフルも無いので負けたチームの人たちは負け続けるというループに陥りやすい。

ベータまでしたマッチング改善のパッチ後も、自分と同じ実力の人を検索するためマッチングが激遅になるだけという…
新マッチング方式も数日でマッチング条件が緩和され、結局最初と大して変わらないという迷走っぷり。
なぜ頑なにチームシャッフルを導入しないのかわからない。

設定項目

設定できる項目は特に不自由を感じることなく設定が可能。ウィンドウ化やボーダーレスも可能で、その他グラフィックやキーコンフィグなども細く設定可能。
その他にもOrigin側でゲームプロパティを設定することで日本語版でも英語表記で遊ぶことも可能らしいです。

60fps制限

現在の仕様で本作では60fps以上出ないという問題がある。この問題は開発元のRespawnが今後のアップデートで修正すると明言しています。

総評

満足点

  • スピーディーで爽快感のあるゲーム性、それをダメにしない操作感
  • FPS初心者でも楽しめるタイタンやミニオンなどのゆとりの要素
  • キャンプのし難いゲームデザイン

不満点

  • 極端な武器バランス
  • マッチングなどのシステム面
  • 蛇足感の否めないキャンペーンモード、バーンカード
  • 周回によるメリットの少なさ
  • ボリューム不足感

細かい不満点はあるが満足度は高い

総評としては、基本的な完成度は高いがシステム面やゲームバランスなどの細かいところが荒削りで、採点をするなら及第点を脱し得ない感じ。ただ今後のアップデートやDLCなどにも期待を持たせてくれる、プレイしていて素直に”楽しい”と思えるゲームであり、満足度は高い。

人によっては飽きが早いかも

ゲーム性や取り組みは斬新ですが、人によっては飽きが早いかもしれません
タイタンやミニオンなどの遊び要素は、僕みたいなカジュアルゲーマー的には大変楽しめる部分なのですが、”人 vs 人”としての単純な競技性は多少落ちる所はあるので、そういう部分を重要視するコアゲーマーにはすぐ飽きられてしまう可能性も。それと今のところ単純にコンテンツ不足な部分もある。
ただ、次世代FPSと言っていいほどの素質はあるとは思うので、eSportsとしてもこれから注目したい。

Pingは高くなるが海外サーバーでのプレイがオススメかも…

野良プレイで純粋な勝負を楽しみたいっていう人は多少のラグは発生するものの、海外サーバーでのプレイがオススメです(アメリカ西部など)。
僕自身は大体が海外のサーバーでプレイしているのですが、主な理由として
・日本サーバーはマッチングし難い
・パーティープレイによる野良狩りが酷い?
この2つ。そもそもの日本のPC・FPSゲーマーの人口が少ないのでマッチングに時間がかかるのと、顔見知りばかりになって新鮮味があまりなくなってしまうのが痛い。

あとこれは憶測ですが、日本サーバーはパーティープレイが多い印象
海外サーバーでプレイしている時とさほど戦績は変わらないにも関わらず、勝率だけはかなり低くなるので。
別にパーティープレイが悪いと言う訳ではなく、一方的な試合展開になってしまう事が多くなってしまうのでつまらない。

コアなゲーマーでない人にもオススメできるゲーム

長いこと書いてしまったがTitanfall自体は非常に面白く、ライトゲーマーやFPS初心者にもオススメできるゲームです。
PC版でもゲームパッドが使用可能なうえ、エイムアシストがかなり強いらしいので家庭用勢でもそれなりに戦えると思えます。

うるせえぞ!ドロップシークエンス開始!

タイトル Titanfall
発売日 2014.3,13(日本語版)
機種 PC/Xbox One/Xbox 360
開発元 Respawn Entertainment
販売元 Electronic Arts
対応言語 英語/日本語(字幕・吹き替え)
操作性 5
グラフィック 4
サウンド 4
バランス 3
システム 3
満足度 4